ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご遺骨の粉骨 ~パウダー化~

ペットを飼われている方の60%が、
ペットの火葬後の骨壷を、ご自宅でご供養されるというアンケート結果が出ています。

先のことはまだ分からないけれど、
いつかは一緒のお墓に入りたい。
しばらくは手元に置いてあげたいと願う飼い主様が増えたことは、
ペットと同じ屋根の下で暮らすことで、ペット=家族になっているのだと思います。

そんな時代背景の中、私たちへの依頼も増えたのが粉骨加工です。
今日は何となくは知っていたけど、詳しくは・・・・という方のために、
少し粉骨加工を知って頂ければと思い、ブログの記事に載せさせて頂きました。


当社でお預かりしたお骨は、このような機械を使い、ゆっくりとパウダー化していきます。粉骨加工機

ご遺骨の中に不燃物(火葬の際の炉の焦げなど)がないか十分にチェックします。
下のご遺骨は、体重が12キロ前後だったワンちゃんのご遺骨です。
1年経過していましたが、とてもきれいな状態でした。


たとえば10年たったご遺骨だったとしても、状態はさほど変わりません。
湿気を含んだとしても、なぜかご遺骨はカビは生えないのだそうです。
粉骨

約10分ほどで、きれいなパウダー状に形を変えます。
最初の大きさ(容量)の3分の1ほどの大きさになります。

異国の海の砂のような、綺麗なパウダー状になりました。

私はこの仕事につくまで、
愛犬の遺骨は、そのままの状態で保管したいと思っていました。
でも今は考え方が変わりました。
パウダー化されたお骨

4寸の骨壷に納まっていたご遺骨は、粉骨したことでこの量になりました。
これから圧縮して、小さな手元供養骨壷に納めて、
飼い主様の元でずっと温かく供養されるご遺骨です。

粉骨加工2

粉骨加工をされるお客様のほとんどは、小さな骨壷に納め手元供養されていますが、
一部をカロートペンダントなどに納め、
大好きだったお散歩コースや海に散骨される方も多くいらっしゃいます。

供養の仕方は人それぞれです。
一番の供養は、いつもと変わらない笑顔で名前を呼び、
話かけ想ってあげることなのだと思います。

従順で素直なペットは、
姿なき今も、飼い主様の表情や言葉を一所懸命理解しようと、耳を傾けます。
飼い主様の心の中で永遠に生き続けるのです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
スポンサーサイト

ペットの火葬後の遺骨は?

最愛のペットを亡くした喪失感や心の傷は簡単に癒えるものではありません。
精神的なダメージを回復させる方法は個々に様々ですが、
自宅での手元供養をすることで心の傷を癒し、
亡き最愛のペットから元気をもらっていることが自社のアンケート調査でわかりました。

動物は人間と違い、肉体に対して強い執着がありません。
ですから埋葬方法や供養の仕方で成仏できないということはないのです!
スピリチュアルカウンセラーで有名な【江原啓之】さんもおっしゃっています。

ペットはとても素直で従順です。
いつまでもあなたが笑顔で語りかけてくれる日が来ることを待っています。


ペットの死後遺骨はどうする?遺骨の埋葬方法や供養方法のアンケート調査結果 ペット手元供養専門店メモリアアレカ
↑自社アンケート調査結果
50%以上約過半数の方が、ペットの火葬後のお遺骨をご自宅で供養しています。

■自分の「供養してあげたい!」という気持ちを大切にしてほしい。
■人間界の決まりごとに縛られずペットに分かるような純粋な供養をしてほしい。
■あなたを愛してくれたペットが成仏できるように願うこと。
■楽しく幸せだった想い出を忘れることなく日々語りかけてあげること

いつまでもいつまでも、ちゃんとそばで見守ってくれています。
「ありがとう。」そうほほ笑むあなたの笑顔が一番の供養だと思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
最愛のペットの供養のことなら ペット手元供養専門店メモリアアレカ ペット仏壇・ペット骨壷・ペットの遺骨を納めるカロートペンダントなど豊富な品揃え

大切なペットがゴミ扱いに!!

遺骨が返ってこない・・・

先日、ペットを亡くされた方が体験したお話を聞きました。

初めてペットの死に直面されたらしく、
火葬についての知識があまりなかったようで、
葬儀社の存在を知らずに、自治体への火葬を委託されたそうです。

当然遺骨が返還されるものと思い、連絡を待っていたところ、
自治体からの連絡が来ないことを不審に思い
問い合わせてみたそうです。

ところが、対応はあまりにも冷たく挙句の果て
「ペットはゴミと同じ扱いになりますので。」
そんな残酷な言葉が返ってきたと言うことでした。

現在、ペットも家族化してきていて葬儀も人間同様に行う方も増えてきました。

埋葬の方法も様々で、それまでは土葬が一般的でしたが、
火葬・海・山・川などへの散骨、樹木葬などさまざまです。

しかし自治体などに委託した場合、ペットがゴミ扱いされ
遺骨の返還がないことも事実なのです。

長年連れ添い家族同然のペットが、最期のお別れもできずにゴミ扱いになる。
こんな酷いことがあっても良いのでしょうか?

ですから、最期の時も人任せにするのではなく、
ペットが生きている時からでも、
その子の最期のことをしっかり考えてあげて下さい。

今は火葬が主流になってきていますが、
その中でも個別火葬・合同火葬などあります。

「遺骨」は最愛のペットが生きた証なのです・・・

ですからお手元に戻してあげて欲しい。
そしてご自宅へ一緒に連れて帰ってあげてください。

お話を聞かせて下さった方は、現在重度の「ペットロス」で苦しんでいます。

最後のお別れができず、生きた証の遺骨まで返ってこない・・・
彼女の中では、ペットの死が実感できないままなのだそうです。


◆ペット葬儀に関する情報はこちらから
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html





にほんブログ村 犬ブログへ

ペットの死に直面した時

ペットが亡くなった時にしてあげて欲しいこと

◆亡くなって約2時間程で硬直が始ります。目口が開いている場合には閉じてあげて下さい。
また、手足は自然な形になるよう整えてあげてください。

◆目・口・お尻の周りが汚れていたら、濡れたコットンやタオルなどで優しく拭いてあげてください。
毛並みが乱れていたら、そっとブラシをかけてあげてもいいと思います。

◆保冷剤やビニールに氷を入れたものなどで、体を冷やしてあげて下さい。室内の気温も、なるべく涼しくしてあげてください。

◆タオルやシーツなどの上に寝かせてあげて下さい。
火葬を希望されている方は、そのまま棺に入れてあげてもいいようなものにするといいと思います。

◆特に形式などはありませんが、お通夜をしてあげるといいと思います。ペットのためにもなりますし、なにより自分のために愛するペットとの最期の時間を大切にして欲しいです。



◆ペットを亡くしたあなたへ、今のあなたの心の状態を知ってください。こちらから
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/




にほんブログ村 犬ブログへ

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。