ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今からあなたにできること!

ペットロス症候群・克服方法

◆悲しみ・涙を我慢しない
最愛のペットを失ったのですから、悲しくて涙が出ることは当たり前なんです。
恥ずかしいことなんて一つもありません。思い切り泣いて下さい。

◆生前の接し方を後悔しない
一生のほとんどの時間を大好きなあなたと過ごせたのですから、ペットにとっては最高に幸せな人生でした。その楽しかった思い出を、ペットのためにも後悔に塗り替えないであげてください。

◆自分の気持ちを周りの人に伝える
うまく言葉にならなくても、声に出して気持ちを伝えてみてください。自分が多くの人に支えられていることに気づくでしょう。そしてそれが心の支えになってくれると思うのです。

◆大切な思い出を忘れない
姿はなくても、生涯を供にした思い出は永遠です。いつまでも忘れないでいてあげることがペットの望みであり、お空で安心していられるのではないでしょうか。





にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

あなたにとってのペットとは?

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー


~書籍紹介~

あなたが心惹かれ、縁を持った動物たちはみな、たましいを磨きあう仲間です。

人と動物が永遠の絆を育てるための、初めてのスピリチュアル・ブック。

巻末にインスピレーション訓練カード付。

■著者名/江原啓之
■出版社名/中央公論新社
■発行年月/2007年9月
■価格(税込)1,155円



◆お買い求めはこちらから
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31954191





にほんブログ村 犬ブログへ

ペットは無償の愛をくれる

ペットロスから立ち直るとき

petlosskara.jpg


本当の「癒し」に言葉など必要がないのかもしれない。
少しでも澄んだ心で接すること、
相手の気持ちを思うことができれば、
おのずと「癒し」の態度になるのではないだろうか。
頭や理屈ではなく、心なのだと思う。
(「本文より」)

「悲しいことはを悲しむことは、少しも恥ずかしいことではない。
この本が何か一つ役に立てたらと・・・・・・・」
日本の犬は1000万頭。
飼い主10人に1人はペットロス。

ペットの生死をどう考えるか、ということはとりもなおさず、
自らの生死をどう考えるかということらもつながる。
ようやくペットロスというものが社会に認知されてきて、
ペットと飼い主、獣医師、心の専門家、そして周囲の人々が、
さまざまな方向から考えていく時代に入ってきた。
ペットを失ったら、悲しんでいいのだ。
(「本文より」)

もう深夜の一時をすぎていた。眠れば夢の中に出てきてくれるかもしれない。
それでもいいから会いたい。小さな希望を持った。
寝室に行く前、玄関を開けて外へ出た。無駄なことはわかっていても。
なかなか寝付けなかった。先ほど見た解剖所見が、
目をつぶっても浮かんでくる。

あんなに痩せてしまって、檻の中に入れられたままだったのだろうか。
レイアは金属の音が大きらいだったから、さぞ怖かっただろうに。
あのカチャカチャと音のする爪も
檻をひっかいてなくなっていたんじゃないだろうか。

『出して!!出して』

と悲痛な声で泣いていたんじゃないだろうか。
前日までよく食べていた、と所見には書かれているが、
なにも食べていなかったのだろう。ジャボ、ジャボと水も飲まなかったのだろう。
ただただ、私の帰りを待っていたのだろう。
美しい毛も、美しい瞳も、大きな体も、私が迎えにくるのを
必死で待っていただろう。
力尽きて苦しさにあえいで息絶えただろう。
息をひきとる最期になにを思い出しただろうか。
私とコロコロ遊ぶこと?ボール投げ?水遊び?
黄色い自動車に乗ってドライブ?

レイア、私はどうすればいい?
レイアにどう謝れば・・・・・・謝ってすむことではない。
もう手遅れになってしまった。どうしよう。
どうしたら私はこの中から抜け出せるだろう。
レイアが生きて、たった今帰ってこない限り、
私の苦しみは永遠に続くだろう。

私が一人苦しんですむならいい。
レイア私はあなたにとてもひどいことをしてしまった。
本当に、本当にひどいことを・・・・・・
レイアが息絶えるまでの五日間の苦しみから思えば、
私の今の苦しみは当たり前なのだ。
(本文「突然の別れ」より)

目次
第1部 愛しき日々
第2部 突然の別れ
第3部 立ち直るために
(死別の苦しみは、人も動物も同じ、ペットの死、一つひとつに悲しみがある、
憎しみと争いでは癒せない、言葉で伝えてほしい、やさしい心、
癒しと心のゆとり、心も動物もスピリチュアルな存在、日本人にあったスピリチュアルな思考がある)



◆こちらからお買い求めいただけます
http://www.atc.ne.jp/seikindo/html/petlosskara.htm


◆ペットロスとは何か?そんな疑問をお持ちの人はこちらへ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html





にほんブログ村 犬ブログへ

風になった愛するあの子

千の風になって・・・・

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

あの大きな空を
吹き渡っています



◆虹の橋はこちらから
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html




にほんブログ村 犬ブログへ

大切なペットがゴミ扱いに!!

遺骨が返ってこない・・・

先日、ペットを亡くされた方が体験したお話を聞きました。

初めてペットの死に直面されたらしく、
火葬についての知識があまりなかったようで、
葬儀社の存在を知らずに、自治体への火葬を委託されたそうです。

当然遺骨が返還されるものと思い、連絡を待っていたところ、
自治体からの連絡が来ないことを不審に思い
問い合わせてみたそうです。

ところが、対応はあまりにも冷たく挙句の果て
「ペットはゴミと同じ扱いになりますので。」
そんな残酷な言葉が返ってきたと言うことでした。

現在、ペットも家族化してきていて葬儀も人間同様に行う方も増えてきました。

埋葬の方法も様々で、それまでは土葬が一般的でしたが、
火葬・海・山・川などへの散骨、樹木葬などさまざまです。

しかし自治体などに委託した場合、ペットがゴミ扱いされ
遺骨の返還がないことも事実なのです。

長年連れ添い家族同然のペットが、最期のお別れもできずにゴミ扱いになる。
こんな酷いことがあっても良いのでしょうか?

ですから、最期の時も人任せにするのではなく、
ペットが生きている時からでも、
その子の最期のことをしっかり考えてあげて下さい。

今は火葬が主流になってきていますが、
その中でも個別火葬・合同火葬などあります。

「遺骨」は最愛のペットが生きた証なのです・・・

ですからお手元に戻してあげて欲しい。
そしてご自宅へ一緒に連れて帰ってあげてください。

お話を聞かせて下さった方は、現在重度の「ペットロス」で苦しんでいます。

最後のお別れができず、生きた証の遺骨まで返ってこない・・・
彼女の中では、ペットの死が実感できないままなのだそうです。


◆ペット葬儀に関する情報はこちらから
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html





にほんブログ村 犬ブログへ

ペットの死に直面した時

ペットが亡くなった時にしてあげて欲しいこと

◆亡くなって約2時間程で硬直が始ります。目口が開いている場合には閉じてあげて下さい。
また、手足は自然な形になるよう整えてあげてください。

◆目・口・お尻の周りが汚れていたら、濡れたコットンやタオルなどで優しく拭いてあげてください。
毛並みが乱れていたら、そっとブラシをかけてあげてもいいと思います。

◆保冷剤やビニールに氷を入れたものなどで、体を冷やしてあげて下さい。室内の気温も、なるべく涼しくしてあげてください。

◆タオルやシーツなどの上に寝かせてあげて下さい。
火葬を希望されている方は、そのまま棺に入れてあげてもいいようなものにするといいと思います。

◆特に形式などはありませんが、お通夜をしてあげるといいと思います。ペットのためにもなりますし、なにより自分のために愛するペットとの最期の時間を大切にして欲しいです。



◆ペットを亡くしたあなたへ、今のあなたの心の状態を知ってください。こちらから
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/




にほんブログ村 犬ブログへ

我が家の愛犬も夢中

KONG-コング100%天然ゴムの愛犬のおもちゃ


396CO-82_l.jpg

kong.jpg


犬は生まれ持ってモノを“噛む”という性質を持っています。

特にストレスや退屈さからつい近くにあるものを噛んだりしがちです。

これはしつけによって直していくしかないのですが、

強制は愛犬に新たなストレスを与えてしまいます。

そんなときには遊びながらしつけが身に付く「コング」がオススメです。

中においしいフードの入ったコングなら長時間飽きることなく遊びながら、

それを噛むことでストレスや退屈さから開放され、無駄な噛みつきが減少、

愛犬の問題行動の改善や知育向上のために役立ちます。

また、犬は成長してからも遊ぶことの好きな動物ですから、

パピー(子犬)~アダルト(成犬)~シニア犬というそれぞれのライフステージにあった

遊びやトレーニングを考える必要があります。

「コング」の新しいラインナップの「シニアコング」は適度なかたさで、

シニア犬や歯の弱い犬に適しています。

噛む力の強い成犬などには「ブラックコング」をおすすめします。

しっかりとした歯ごたえで、楽しく遊べます。

どちらも中においしいフードを入れれば、さらに長時間飽きることなく遊び、

それを噛むことでストレスや退屈さから開放され、無駄な噛みつきが減少、

愛犬の問題行動の改善や知育向上のために役立ちます。




◆ペットの今後について知りたいかたはこちらです
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/




にほんブログ村 犬ブログへ


ネコと16の約束

1、汝、人間がモデムを使っている時、キーボードに飛び乗るなかれ

2、汝、モデムの後ろ側にある電話線を抜く事なかれ

3、汝、トイレットペーパーを引っ張り、ロールをむき出しにする事なかれ

4、汝、透明ではない為、テレビあるいはモニターの前にすわることなかれ

5、汝、冷蔵庫の上に吐き戻すことなかれ

6、汝、ディナーパーティーの時に現れ、顔を洗い始める事なかれ

7、汝、人間の顔、頭の上に横たわる事なかれ

8、汝、人間の股間に飛びつく事なかれ

9、汝、急ぐ事なかれ 速く走ろうともしまったドアを通りぬける事はできまい

10、汝、人間の目覚まし時計の上を踏み、タイマーをリセットする事なかれ

11、汝、人間がまさに腰掛けんとする時トイレの便座に飛び乗る事なかれ

12、汝、眠っている人間の午前4時の膀胱の真上に飛び乗る事なかれ

13、汝、いかなる状況でも家は逃げ出す刑務所ではない事を悟るべし

14、汝、人間がいかに歩みがのろくとも飛び掛る事なかれ

15、汝、客人が入っているときはトイレのドアを押し開ける事なかれ

16、汝、叱られた時には反省の心を示すべし



◆犬との約束を知りたい方はこちらですhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html




にほんブログ村 犬ブログへ

犬と私の10の約束

1、私は10年くらいしか生きられません。だからできるだけ一緒にいてください。

2、私と気長に付き合ってください。

3、私を信じてください・・・それだけで私は幸せです。

4、私にも心があることを忘れないでください。

5、言うことを聞かない時には理由があります。

6、私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけどわかっています。

7、私をたたかないで。本気になったら私の方が強いことを忘れないで。

8、私が年をとっても仲良くしてください。

9、あなたには遊ぶ場所もあるし友達もいます。でも私にはあなたしかいません。

10、お願いです。私が死ぬ時は一緒にいてください。
  そしてどうか忘れないで、私はあなたをずっと愛しています。


◆こちらからも「犬と私の10の約束」が見れます
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html




にほんブログ村 犬ブログへ

寂しい家

床に爪あとがつくことはもうない

ドアが泥だらけの足で汚されることもない



階段の上の毛玉

椅子につけられたレースみたいな模様



ベットについた丸いへこみは

お前がそこで眠っていたしるし



汚れた窓ガラス

そこからおまえはぼんやりと外を眺めていた



お気に入りの場所にお前がいないのを見るたび

いなくなってしまったことを思い出す



家の中がきれいになったのは本当だ

でも寂しくなってからっぽになってしまったのも本当だ



◆ペットロスコミュニティはこちらから
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html



にほんブログ村 犬ブログへ

題名のない詩

今私は君をおだやかな眠りにつかせる

君はついに安らかに眠るのだ



君への愛はこれからも変わらない

君はまさに最高の友だった

13年間君は喜びを与えてくれた

毎日が楽しい思い出だった


そしてとうとうこの日が来た

君がいなくなってしまう日が



君は私の一部だった

私はこの痛みに耐えられない



でも世界が続くかぎり

わたしたちがまたいつか出会えると信じている


◆虹の橋はこちらから
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petsougi-loss/index.html




にほんブログ村 犬ブログへ

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。