ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが納得する埋葬方法!

現代のペット供養の種類と方法

本日もご訪問戴きましてありがとうございます。
今日は、ペットと暮らす誰しもが、必ず迎えるその日。
最愛のペットが亡くなった時は、何も考えられず、
ただただ深い悲しみに明け暮れることでしょう。

いつか迎えるその日のために、少しでもお役に立てたらと
思い、今回はペットの埋葬方法や供養についてご紹介します。

ペットは亡くなっても、あなたに愛されたいと望んでいます。
ですからペットが亡くなった時、思い切り泣いて悲しんだ後は
いつまでも忘れることなく、思い出を大切にし日々語りかけてあげること。

ペットの埋葬方法や供養方法には、「こうしなくてはいけない」という
決まりやしきたり、宗教などは全く関係ありません。

「愛する家族だから、供養してあげたい!」
あなたのそういった気持ちが一番大切なのです。

ペットの葬儀、埋葬、供養方法はどんな形でもあなたの自由です。
「○○○だから成仏できない。」ということはありません。
ですが、法律上の問題やモラル、マナーの面から考えると何をしても
良いというわけではなく、様々な埋葬・供養方法を知り、
マナーを守った方法で正しく行うことが飼い主としての責任です。

◆民間業者による火葬

 ・個別火葬:一体一体個別に火葬され返骨可能
 ・合同火葬:他家ペットの合同火葬で返骨不可
 ・立会火葬:事前に申し出て火葬に立ち会う
 ・移動火葬車:火葬専用の車で指定の場所での火葬後返骨可能


◆私有地への土葬
 自分の敷地内であっても、周辺環境に配慮し、衛生面から
 1メートル以上は掘ること。自治体で禁止している地域もあるので、
 事前に確認が必要。私有地以外の公園・空地・河川への埋葬は
 不法投棄扱いで違法。


◆散骨
 散骨は「廃掃法」という法律が適応され、無責任なやり方では罰せられる。
 粉骨加工を行ってから、周辺環境に十分注意してから行うこと。
 最近では散骨をトータルサポートしてくれる業者も増えている。


◆自治体による処理
 各自治体に届け焼却。私たちにとっては最愛の家族であるペットも
 ゴミとして処分されてしまうケースもあり、返骨不可の場合が多い。
 事前に各自治体に問い合わせる必要がある。


◆粉骨加工※以前に粉骨加工をご紹介した記事はコチラです。
 遺骨をすべて粉骨し、3分の1の容量にすることができる。
 非常に綺麗なパウダー状になり、散骨を希望の場合は必須。
 また、最近では遺骨を様々に加工できることから、
 供養の幅も広がり自宅での手元供養の際も、小さな骨壺に納まる。


◆手元供養
 亡きペットを身近い感じることができ、ペットロスの緩和へも繋がる。
 遺骨を加工しアクセサリーやオブジェなどにして傍に置くことが
 できる。手を合せ、語りかける対象ができることで心の拠り所になる。


◆ペット霊園
 ・個別墓地:費用は高額だが、人間同様な墓地・墓石が用意される
 ・共同墓地:他家ペットと合同で埋葬され供養塔などが建つ
 ・年間を通して維持費がかかるが参拝可能


◆納骨堂
 屋内で遺骨を収納するロッカー上のお墓で参拝も可能。


◆樹木葬
 遺骨と一緒に苗木を植える。外観は自然に溶け込んでいる。


◆インターネット葬
 インターネット上にお墓を所有し、いつでも参拝可能。
 遺骨は自宅に保管したり、ペット霊園に預ける場合が多い。



様々な埋葬方法や供養方法がありますが
一番大切なのはペットを想うあなたの気持ちです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。

スポンサーサイト

ペットの埋葬方法

ペットの火葬が主流に!

私の故郷では、ペットが亡くなった時は自宅の庭に土葬
というのが一般的で、ペットの埋葬方法に困る・・・・・
ということはありません。

しかし、最近では都市化が進み、ペットの土葬が難しいようです。
都市マンション増大、生活環境の変化などの理由から、
私有地への埋葬ができない環境へと変わってきました。

そして、ペットも人間同様に火葬することが主流になりつつあり、
それに伴ったサービスを提供するペット葬儀業者も増えています。

ペット火葬・土葬・手元供養・散骨・樹木葬・インターネット葬など、
その埋葬方法・供養方法は様々で、選択肢が広がると共に
自分が納得しできる埋葬方法を選ぶことが大切です。

そのためにも、「どんな埋葬方法があるのか」ということを知り、
ペットの生前から、こんな埋葬をしてあげたいと決めておくことが
大切なのではないでしょうか。

私自身も、愛犬の死について向き合うにはまだ心の準備が
できていません。ですが、実際にペットを亡くされた方のお話や
ペット葬儀業者の方のお話を聞く中で、ペットの死と向き合い
考えることは、とても大切で必要な事なんだと感じました。

私の愛犬が亡くなった際、故郷にいる子は火葬後遺骨を
自宅の庭に土葬し、今一緒に生活している子は、火葬後
遺骨を手元供養しようと考えています。


今から愛犬の死について考えることで、これからのペット達の
人生そのものと向き合っていけるような気がします。

大切な存在、愛しいペットだからこそ死から目を背けない。
受け入れ供に過ごし、後悔のない最期を迎えたい。

大切な家族だからこそ、納得のいく埋葬をしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

想いを大切に。メモリアアレカ。


ペットの痴呆を防ぐ4箇条!

適度な刺激で心も体もストレスフリーペット供養仏壇遺骨ペットロス
ペットが歳をとった時、そっとしておいた方がいいのか?

それとも、いつまでも元気でいて欲しいと、沢山運動をさせたほうがいいのか?

言葉を話せないペットの気持ちを察し、行動することはとても大変なことだと思います。

しかし、あなたと供に過ごしてきたペットはあなたの言葉や気持ちをちゃんと

理解してくれているのです。ですから、なにも不安に感じることはありません。

あなたがオロオロしたり、暗い気持ちになることの方が

ペットにとってなによりの不安になってしまいます。

ですから今まで通り愛情をもって接して下さい。

きっとペット達は一生懸命あなたの言葉を理解し、気持を察してくれるに

ちがいありません。


1、たくさん話しかける
 ペットにとって人とのコミュニケーションは生きる上で
 とっても大切。世話をするときだけでなく、普段からたくさん話しかけてコミュニケーションを 
 とろう。脳への刺激になり、気持も上向きになります。家族のそばに居場所やベッドなどを
 つくることで話す機会が増えるでしょう。



2、積極的にスキンシップを取る
 思っている以上に体に触ると伝わることがある。
 資格や聴覚が衰えてきた高齢犬にはなおさらスキンシップの
 効果は大きく、手のひらからあなたの気持ちが伝わり、マッサージやリハビリを
 通して、温もりと刺激を与えよう。愛犬の感情もイキイキしてきます。


3、ライフスタイルを変えてみる
 いつもの散歩コースの途中に寄り道をしてみよう。
 イワシなど、痴呆防止として注目の食材を使ったフードを与えてみよう。
 あなたが率先して愛犬の興味を引くものを探してあげ、新しいことにチャレンジ
 することで、遊び心や好奇心をよびおこしてあげよう。



4、新しい犬を迎える

 例えば母性や父性を刺激する若い子犬を迎える。
 すると、一緒に運動する機会が増えるメリットがある。時にはストレスになる場合も
 あるが、何も刺激のない単調な生活になってしまうよりは
 痴呆症防止の刺激に。新しい出会いによって外の世界が変わり
 気分も若返る。新しい子犬を迎えられない場合はドッグランなど
 で他の若い犬と遊ばせるのも効果がある。



何よりもあなたの愛情と熱意が伝わることが

一番ペットが安心し、のびのび老後を過ごせるのだと思います。

これをしたら可哀そう。こんなことできるかな・・・・・

と不安になる前に、供に過ごし強い絆で結ばれているペットを信じ
 
どんどん刺激を与えてみてあげて下さい。

どんな薬より、あなたの愛情が一番の特効薬なのです。





にほんブログ村 犬ブログへ

人気ブログランキング

犬も痴呆になる!

愛犬も痴呆症になる!ペット供養仏壇葬儀遺骨

若山正之さん監修「高齢犬のキモチが分かる本」を読んでいて、

初めて知ってびっくりしたことがあるんです。

それは犬も痴呆症になるということです。

痴呆は人間だけかと思っていて、ましてやペットが痴呆に

なるなんて考えてもみませんでした。

知識があるということは、間違ったものの見方で愛犬を見ない

ようになるという事で、とても大切なことなんだと改めて実感

しました。愛犬が歳をとった時、問題行動を起こしても

痴呆と疑う飼い主は少ないそうです。

痴呆チェック項目

1、食欲・下痢の状態
  以前に比べて食欲旺盛になった。
  その結果下痢をするのであればまだいいが、以上に食べるにも
  関わらずほとんど下痢をしないのは危険。
  痴呆症による食欲異常の場合、太ったり下痢をしないという症状が特徴。



2、生活リズム
  昼間はぐっすり眠っていることが多く、
  夜中に起きることが多くなっている場合は危険。
  昼間飼い主が起こしても起きていられない状態は要注意。
  昼夜逆転の状態は痴呆症の犬に多い傾向がある。



3、歩き方と方向転換
  狭いところに入りたがり、後退できない状態、
  ふらふらと円を描くように歩行したりする状態が見られる
  場合は危険。さらに、部屋の直角コーナーを方向転換できなかったり、
  自分を中心としてくるくる旋回したりするのは要注意。



4、鳴き声
  泣き声に抑揚がなく単調で、多きな声を出すようになった。
  これといった理由もなく夜中や明け方、決まった時間に
  突然鳴き出すのは危険。しかもまったく制止できない場合は要注意。



5、感情表現
  人や動物に対して、なんとなく前より反応が鈍くなった。
  人や動物に対して反応しなくなり、飼い主への反応も鈍くなって
  きたら危険。飼い主にもまったく反応を示さないのは要注意。



6、しつけ
一度しつけたことを時々忘れている。
  また思い出すならいいが、部分的には完全に忘れてしまっているよう
  だったり、ほとんど忘れてるようなら要注意。痴呆の場合は叱っても
  効果はなく、しつけ治すのは難しい。



常に愛犬の行動や体の変化に気を使い痴呆の早期発見を心がけましょう!!

痴呆かな?と思ったらすぐに獣医師に相談し、適切な対処をして下さい。

あなたができる痴呆を防ぐ4箇条はこちらから



にほんブログ村 犬ブログへ

人気ブログランキング

ペットも歳をとるの?

愛犬の老化症状。

1、顔に白髪が増える

2、口臭が強くなる

3、お尻が小さくなる

4、できものができる

5、目の奥が白っぽい

6、昔と体系が変わる

7、飼い主を迎えに来ない

8、散歩でよく立ち止まる

9、遠くのボールを追わない

10、後ろ脚の歩幅が狭い

11、呼んでも反応しない

12、行動に時間がかかる



あなたの愛犬にこんな体のサインは出ていませんか?
ペットも歳をとると人間と同じような症状が出てきます。

耳が遠くなったり、動きが遅くなったり、体型が変化したり・・・・
いつまでも元気で愛らしい姿のままでいてくれる。
私たち飼い主はついついそう思ってしまいますが、
私達の何倍もの速さでペット達は年を取るのです。

ですから、常に体調の変化に気を配り行動に変わりはないかなど
こまめにチェックしてあげることがとても大切です。

私も愛犬の老化と向き合えずに悩んだこともありましたが
彼らも生きています。一日一日を精一杯生きているのです。


自分の価値観を押し付け、老化を嘆くことは
最愛のペットの生き方そのものと、向き合っていないような気がしました。

体毛は薄くなり、脂肪もなくなり、好きだった散歩を嫌がるようになる。
切なくて、愛犬に死が近づいている感じがしてとても怖かった。

でも体が老化しても、精一杯生きることを楽しんで、人間に甘える姿を
見ると、何も変わっていないことを実感できます。

嬉しいからしっぽを振る。
もっとなでて欲しいから鼻で催促する。
お座りをすると褒められるから進んでその姿を見せる。

きっと彼の中では何も変わっていないんです。
精一杯生きること、生きることを楽しむこと。
愛犬が教えてくれることはまだまだ沢山ありそうです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

想いを大切に。メモリアアレカ。


■ペットの老化症状は「高齢犬のキモチがわかる本‐若山正之」より
 

ペットの心の病気

ペットも心の病気になる
ペット供養葬儀ペットロス手元供養心犬いぬ

心の病気。そう言われると人間だけに起こるものと思いがちです。

しかし、ペットも心の病気になるのです。

生活環境や飼い方、しつけ等の問題と原因は様々ですが、

中には先天性のものもあるので、異常な行動が見られる場合は無理に

繁殖させないことが大切です。人間のエゴで動物に負担を掛けてはいけません。

特に犬がストレスを感じやすいのは環境の変化です。

引っ越しや、飼い主の生活スタイルの変化、同居の人や動物が増える事、

今まで経験したことがない事が急に起こってしまうと、

下痢・嘔吐・脱毛等の症状が現れたり

異常行動を起こすようになってしまうのです。

大きく分けて4つの症状をご紹介します。

日常何気ない行動が、実は大きなストレスの現れのサインかもしれません。

◆攻撃性噛んだり威嚇するなどの攻撃性には「支配性・恐怖性・テリトリーなどを守る」などがあります。理由は飼い主と対立している・甘やかしすぎている・幼い頃の恐怖のトラウマなどが関係しているのです。特に恐怖心による攻撃性は治すことが困難ですので、専門のカウンセリングなどが必要です。

◆分離不安症犬が留守番中に、物を壊したりあちこちに排泄したり、吠え続けるなどがあります。そんな時は、突然長時間の留守番させないことと、電気やテレビは付けておく等、環境を変えないことがストレス軽減につながります。

◆強迫性異常性自分で体を噛んだり、シッポを追いかけてクルクル回るなど、重度のストレスを抱えている可能性がある。運動不足・コミュニケーション不足になっている可能性が高いので、至急生活環境の見直しが必要。

◆音響シャイ雷や花火、車の音におびえ、震えたりパニックを起こし失禁したりする。先天性な場合も多いが、パニックになり予想もしない事故が起こる可能性があります。ノーリードにしないこと・窓を開けっ放しにしないこと等、安全対策をとってください。


上記に挙げた以外にも、人間界で生活するペットには様々なストレスが掛かります。

環境にじっくり慣らしてあげること、そしてあなたとの信頼関係を確立して

おくことが重要なんです。時にはカウンセラーや獣医などに相談することも

必要です。常に大切なペットの行動に気を配り、

ストレスを貯めさせないようにしてあげましょう。

あなたが優しく名前を呼んで、頭を撫でてあげること。

何よりも、一番のストレスフリーの時間かもしれませんね。




にほんブログ村 犬ブログへ

人気ブログランキング



ペットが老いる時

ペットも歳をとるのです
ペット手元供養死埋葬病気ペットロス

いつまでもペットは自分の子供の様な存在であり、

家族や親友、人生を豊かにしてくれる伴侶です。

名前を呼ぶとしっぽがちぎれそうな位振りながら、頭を撫でてと催促してきます。

大好きなおやつをあげると、見たこともない速さで飛びつきます。

散歩の時には、雨が降っていてもどんなに寒い日でも、嬉しそうに

いろんな匂いを興味深く嗅いでいます。

いつまでも元気で素直で、期待以上の表現で喜びを伝えてくれます。

しかし、そんな最愛の子もいつまでも歳をとらない・・・・・

ということはあり得ないのです。

先日も、愛犬との散歩でいつも噴水のある公園に行くのですが

必ず噴水に2回入るのです。嬉しそうに何かを見つけているかのような

はしゃぎようなのです。

でもその日は1回だけ・・・・・

たまたま寒さもあってのことかな。とさほど気にしませんでしたが

やはり散歩に行く度に2回目を嫌がるようになりました。

あんなに水浴びが好きだったのに・・・・と理由が分りませんでした。

ですがよく考えるとかなりの老犬です。

体毛がかなり抜け落ち、脂肪も無くなっています。

秋口ですから寒くないはずがありません。

ブラッシングをする度に抜け毛が目立つようになりました。

以前は真っ黒な毛並みがフサフサで少しでも太ってしまうと

まるで熊みたいだね。と笑っていたことが懐かしく思えます。

目に見える老いを目の当たりにしても、その現実からはなるべく目を

疎向けたい。愛犬の老いを感じたくない・・・・・

人間の勝手なエゴですが、私は強くそう感じてしまいました。

ですが本人(愛犬)にしてみれば、寒くて嫌なものはいや!

きっとそれだけの事なのでしょう。その分散歩の後にお腹を沢山

撫でて欲しい。とでも思っているのではないでしょうか。

頭を撫でてあげている時のキラキラと輝く目、名前を読んだ時の

嬉しそうな顔は、いつまでもあの頃のままです。

そんなあの子がとても愛しく、老いていくことへの恐怖心よりも

今を大切に生きていることの方がとても素敵だなと感じました。


にほんブログ村 犬ブログへ

人気ブログランキング


ペットの遺骨は自宅に保管

ペットの遺骨を自宅に置いてもいいの?  
手元供養ペット遺骨愛犬家ペット霊園

日々お会いする愛犬家愛猫家、動物が好きな方々のお話の中で、

亡くなったペットの遺骨を自宅保管し、手元供養されているとおっしゃる方が

多い事に気付かされました。

もちろん、ペット霊園や納骨堂などに納めている方もいらっしゃいますが

私が出会った方々は、皆さん「遺骨は自宅にある」とお答えになります。

そもそもペットに限らず、遺骨を自宅に保管してもよいのでしょうか。

よく、「お墓に納骨しないと成仏できない。分骨をすると良くない」

などとおっしゃる方がいますが、愛する者を失った人へ対する言葉とは思えません。

法律上の観点からは、正式な手順で火葬された遺骨は自宅で保管できる。

自宅で手元供養は、住宅環境や宗教的要素をあまり感じさせないものとして

最近ではとても注目されています。

従来の様に、亡くなったらお墓にと言う考えそのものが見直されているようです。

もちろん代々のお墓を、大切に受け継いでいる方もいらっしゃると思います。

供養とは、亡くなった愛する者に何をしてあげたいか・・・・・

身近に感じたい。

いつか一緒のお墓に入りたい。

まだ手放すのが寂しい。

など思いは様々だと思うのですが、「供養したい」という気持ち。

そしてなによりも、旅立った最愛の者を想う心が大切なのです。

手元供養では、毎日手を合わせることができ話しかけられます。

亡き者を偲ぶということが、お墓に比べてとても日常にあるのです。

ですから、何事にもとらわれることなく、大いに最愛のペットを想い

時には涙し、供養してあげてください。

場所やしきたりは関係ありません。

一番大切なこと、亡くなった者達が望んでいることは

あなたが笑顔で語りかけてくれること。そして素敵な思い出を忘れないことだと思うのです。




にほんブログ村 犬ブログへ

人気ブログランキング



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。