ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が老いる。

本日もお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

皆さんの愛犬は何歳ですか?
私の愛犬の中で、一番高齢の子は今年で14歳になります。
でも、まだまだ元気で春が近づくにつれて、
川や池に飛び込む回数も増えてきました。

ひとしきり散歩を楽しんだ後は、疲れて眠っていますが、
高齢犬になると体だけではなく、心も老いてくるのです。

■座れの姿勢で眠る
■フセの姿勢で顔だけ起こして眠る
■いびきをかいて眠る
■寝る前にぐずつく


↑上に書いたことは、浅い眠りの可能性がある子の特徴です。
特に悪いストレスを感じていると熟睡できず、眠りずらくなってしまうのです。

刺激がなくなり、単調な生活を繰り返し、昼寝の時間が長い高齢犬は、
熟睡できない場合も多く、長時間眠ったからといって深い眠りに付けたとは
限らず、かえって体が疲れてしまうこともあるんです。

そうなってしまわないよう、まずは愛犬が熟睡できる環境を作ってみましょう。

■傍に安心できるにおいがある
■寝床は静かで落ち着ける場所を選ぶ
■室温は20度前後に設定する
■寒い時は毛布などで防寒対策をする
■昼間日光浴をさせて体内時計を整える


ちょっとした工夫で、愛犬が老後をゆったり快適に過ごせます。
睡眠は体と頭の疲れを取るために必要不可欠なものです。
高齢犬は基礎代謝が少なく、体温が低くなりがちなので、
眠りやすい20度前後に設定してあげましょう。

~POINT~
いびきをかくのは病気??

パグやブルドッグなどの鼻口部の短い犬がいびきをかくのは普通のこと。
でも、ミニチュアダックスフントのような鼻口部の長い犬種が、
高齢になって急にいびきをかくようになったら、
鼻腔に腫瘍ができている恐れも。
また、肥満が影響していびきをかくケースもあります。

いびきも愛犬の健康バロメーターなんです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。



スポンサーサイト

心は生き続ける。

本日もご訪問ありがとうございます。

皆さんは先日の春分の日はいかがお過ごしですか。
お墓参りは済ませましたか?
ちなみに私は仕事でした。


静岡方面行の、新幹線のホームで初老の女性が、
菊の花を持って階段を下りてくるのが見えました。

きっと長年連れ添ったご主人へ会いに行くのかな?
となんだか心温かくなりました。

以前お花に関係する仕事をしていた時に、
お彼岸の時期になると、5分置きに来店があった事を
思い出しました。


既成のものを買われる方もいれば、オーダーされる方もいます。
亡き最愛の人を想う心は、とても純粋で素敵です。

ある日、3万円のお花のアレンジを注文されました。
淡い色で、可愛らしくして欲しいいとのことでしたので、
その時旬だったスイトピーやバラをふんだんに使い、
豪華で繊細ななアレンジを作りました。

ご自宅までお届けに伺い、初めて愛犬への献花だったと知りました。
祭壇には、ペット仲間からの沢山のお花やおかしなどでいっぱいです。

この子がどんなに皆に愛されていたんだろうと思うと、
とても直視できず、本当に悲しく辛い瞬間でしたが、
飼い主さんの穏やかな顔と、「この子は幸せだった。」という
弔いの言葉で、なんだか救われたような気持ちになった事を覚えています。



人やペットに限らず、楽しかった思い出や幸せだった記憶は永遠です。
姿は見えなくても、いつまでも心は生き続けています。

純粋で温かい気持ちを大切にできる今の仕事が、
なんだか誇らしく思えました。

想いのこもったものだから大切にしたい。


想いを大切に。メモリアアレカ。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

彼の一生。

本日もお立ちより頂きましてありがとうございます。

今日は最高のお知らせがあります。
ボランティアで預かっている、アメリカンコッカーの、
「アンリ」の里親さんが決定しました!


012.jpg


先日里親会で出会った心優しい方です。
アンリの一生を左右する大きな出会い。
アンリが3年後、5年後にシッポをぶんぶん振っていられるような、
本当に素敵な出会い。
短い間だったけれど、私のかけがえのない家族でした。

今度は新しい家族にいっぱい甘えて、沢山食べて、
う~~~~~~んと幸せになってね!ありがとう。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。

遺骨を持ち歩きたい。

ペットロスが癒されることは、心が満足した証。

本日もお立ち寄り頂きましてありがとうございます。
皆さんは、「遺骨を持ち歩く。」と聞いてどう感じますか?

「成仏できない。」「そんなことしていいの?」と思う方や、
「最愛の人の遺骨なら持ち歩いてもいい。」
「どこへ行くにも一緒にいたい。」と思う方もいらっしゃると思います。

先日、最愛のペットを亡くされた方からのご相談で、
「遺骨でもいいので、少しでも一緒にいたいのですが、
骨はお墓に入れないといけないのでしょうか?
動物病院の先生にもよくないよ、と言われたので・・・・」
という内容でした。

現在、ペットに限らず、人でも自宅供養をする方が
大変多くなってきています。

正式に火葬した遺骨は、ご遺族の意思で自宅へ持ち帰り、
保管し、ご自身の好きな形で供養していいのです。
半分持ち帰り、半分は散骨しても、納骨しても、持ち歩いても、
そこに想いが込められているのなら、亡き家族やペットは喜んでくれます。

お墓に納骨しなければいけない。
はたして本当にそんな決まりがあるのでしょうか?
残されたあなたは、本当にそれで満足し、心の穴が埋まるのでしょうか。

お墓が遠方であったり、時間がなかなか作れなかったりと、
年々足を運ぶ回数が減ってしまうのではないでしょうか。

手を合わせ、「今日はこんなことがあったんだよ・・・・」と写真に
ゆっくりと語りかける時間が、何よりも大切なこと。
愛する者の死と向き合い、自分自身に語りかけてあげること。
想いが込められている事こそ、一番正しい供養の仕方だと思います。

「それでも不安です。でも、寂しくて辛いんです。」
と思われる方には、遺骨を少しだけ身に付け、持ち歩くことをお勧めします。


「カロートペンダント」ご存知ですか?
遺骨や遺灰を、ほんの数量収めることができるペンダントです。

遺骨・遺灰を収めるカロートペンダント


デザインは色んなものがありますが、こうして見ると、
遺骨が入っているとは思えないくらい、アクセサリー感覚で
身に付けられる、手元供養品なんです。

「母が大好きな旅行に一緒に連れていってあげられる。」
「愛犬がいつも傍で甘えてくれている様です。」
「納骨してから、ペットロスがひどくなったんですが、少しだけペット霊園から
お骨をもらって来て、カロートペンダントに入れました。今はどこへ行くにも
一緒だから、寂しくないんです。」

↑実際にカロートペンダントを身に付けている方の
お話を聞かせて頂いたものです。

記憶・想いは永遠です。
納骨してしまったからもう遅いのかな・・・・なんてことはありません。


ご自身が納得できる供養の方法、そしていつまでも
かけがえのない存在の、愛する家族やペットを思い出し、
語りかけ、手を合わせることで、心の拠り所をつくること。

いつまでも大切な思い出は、生き続けています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。






ペットロスを乗り越えて。

犬を家族として迎えたその日から。

犬の寿命は約10年といわれています。
私たち人間と比べると、その一生はとても短いものです。

先日、最愛の愛犬を亡くされた方と、
ある事がご縁でお会いし、お話を聞かせて戴きました。

「昨年11月に乳がんで13歳のシュナウザーの女の子を
亡くしました。4年前に18歳で亡くしたプードルを入れますと、
25年間家族の中に犬が居るという生活でしたのでポッカリ
穴が開いてしまい悲しい毎日を過ごしてきました。」

ペットロス。深い喪失感の中にいらっしゃることが、
とても心に響きました。

あるご縁で・・・というのは、私は犬の預かりボランティア
してるのですが、そのボランティアの里親会の時に出会い、
私の預かっている子をすごく気にいってくれたことがきっかけで
お話をさせて戴きました。

誰よりも真剣にこの子の経緯を聞いて頂き、一緒になって
彼の安否を心配してくれました。

ご自身も最愛の家族ペットを亡くされたばかりで、
ペットロスの真っただ中だというのに。


さぞ辛かったことでしょう。
病気の子を看病することだって、精神的にも肉体的にも
並大抵のことではないと思います。

それでも、新しい家族と出会うために、不幸な子達の
里親になろうと真剣になって下さる姿にとても感動し、
本当に素敵な方だなと思いました。

ペットは家族。
一度家族として迎えたその日から、
何ものにも変えることのできない最愛の存在です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。





ペットが殺処分される理由。

今日もお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

「お仕事の月給公開 資格不要で稼げる?職業編」
というテーマの番組が放映されていました。

新宿のペットショップが取り上げられていたのですが、
本当にやり切れない思いで見ていました。

こういった情報を面白がって取り上げることで、
劣悪なブリーダーが増えたり、ペットをお金としか思わないような
業者が増えたりしないか不安です。

家族の一員として、大切に育ててくれる家庭で
飼われて欲しいと切実に思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

いつでも里親募集中

どこまでがしつけ?

本日もお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今日はドッグランに行ってきました。 
天気も良くて、犬にとっては最高の一日でしたね。
ところで、皆さんの愛犬はどんなしつけができますか?
お座り・待て・伏せ・来い・ハウス。
その他にも、我が家ならではのしつけや芸など色々あるのでは
ないでしょうか。

今日ドッグランにいた子達は、皆飼い主さんの一言を敏感に
聴きとってお利口にしている子や、嬉しくて聞く耳持たずの子。
本当に色んな性格の子がいるんだな~と改めて感動しました。

そんな中、隅の方に、大きなシェパードを連れた男性がいたのですが、
リードをつけたまま。他の犬が寄ってきて、シェパードが動くと
リードをぐいっと引張り、蹴りを入れ静止していました。

もちろん虐待のような暴力的なものではありませんが、
こんなにも神経質に叩くしつけを見ると、胸が痛くなりました。

シェパードは体も大きいですし、自我が強い方なので、
厳しく・・・・という気持ちはわかりますが、男性の動きに
ビクビクしている目がとても切なくなりました。

リードを放しても、小さな柴犬に追いかけまわされても怒らず、
飼い主に抱っこされたチワワの匂いを嗅いでいるような、
とっても穏やかで優しい子でした。

飼い主とペットとはいえ、彼らは家族です。
しつけも大切ですが、ちゃんとコミュニケーションのとれた
家族の一員としてのしつけが必要なんだと思います。
 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。

ペットロスは愛情の証。

無償の愛。

本日はご訪問いただきましてありがとうございます。
少しの間ブログをお休みさせていただきました。

この期間、「ペットと供に暮らす」ということの素晴らしさを
改めて実感すると共に、無償の愛を惜しみなく注いでくれる、
純粋なペットの存在を、とても愛しく思える出会いがありました。

日々ペット業界に携わる、沢山の方達のお話や体験談、
そしてペットを通して出会う事ができた人々。
ペットという存在が、私自身の人生観、価値観を大きく刺激し、
人生での宝物をたくさん貰ったような気がしました。

動物は私達の言葉や気持ちがちゃんと解っているんですね。
自分が愛されていることの喜びも、ちゃんと理解しています。

ペットロス
最近少しだけ、「ペットロス」に対する見方を変えられるように
なりました。ペットロス・・・・一度経験したことがありますが、
深い喪失感と、どこにもやりようのない悲しみ、怒り、感情を
コントロールすることが出来ない日々が続き、
胸にポッカリ空いた心の傷は、何とも言いようのない孤独感と
虚無感でした。

ペットに限らす、大切な人を亡くした時もこんな気持ちで
いっぱいになりますよね。


ペットロスは辛く苦しく、どうしようもないやり場のなさが続くことに
変わりはありませんが、その根源は自分がどれだけ彼らを愛して
いたかの証。涙が止まらないのは、それだけかけがえのない存在
だったという証なんですね。

そして、目を閉じても彼らが頭から離れないのは、
それだけ自分自身が愛され必要とされていたからなんです。

ペットロスになるという事は、あなたが心豊かで、とっても優しく
愛すること、愛されることの喜びを知っている。という素敵な証。


ちゃんと言葉にすれば理解してくれる最愛のペットのために、
一日一回笑顔で話しかけることは、すごく大切なこと。
「可愛いね~~!」
「いい子ね~~!」
「大好きだよ!」

魔法の言葉ですね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。