ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を癒す供養の方法

供養してあげたいと想う気持ちが一番大切

最近ペットを亡くされた方の多くが、遺骨を自宅で保管しているそうです。

住宅環境が大きく変わり、自宅の庭や私有地に
埋葬できない環境になってきました。

それに伴い、最近ではペット霊園も増えてきましたが、
ペット火葬業者の方のお話によると、
「ペットのご遺骨を自宅に持ち帰り、保管(供養)している方がほとんどです。」
と言うことのようです。

自宅供養と一概に言われると、人間同様大きな仏壇や、命日・法日等に
さまざまな決まりごとをしなければならないのか・・・・・

いいえ。
そうではありません。

動物の世界はそういった決まりごとで縛られていないのです。

元々、動物には肉体への執着がなく死を迎えたと同時に、
天国への旅立ちの準備をします。

ですから、私たち人間が「行かないで」「寂しい」と悲しんで、
強い念で縛り付けてはならないのです。

ペットは同じ言葉をしゃべれなくても、ちゃんと私たちの言葉を理解し、
想いを感じ取ってくれています。

感受性が強く、一心に飼い主の心をわかりたいと努力してくれているのですから、肉体がなくなったその時も、愛するペットの「魂」を尊重し、
魂に語りかけてあげることが大切です。

決まり事に捕らわれず、好きだったおやつや、ちょっとしたお花などを添え、
心穏やかに語りかけてあげて下さい。

人間にもよくある話ですが、
「遺骨を自宅に保管したり、分骨したりすると成仏できない。」
と、言われる方がいますが果たしてそうなのでしょうか。

故人や亡きペット、最愛の者を偲ぶ気持ちに、そういった「決まり事」や「形」は
関係あるのでしょうか。

もちろん、代々のお墓や宗派などを否定する気はありませんが、
そうしなくては、「成仏できない」と言われるのはおかしいと思います。

むしろそう言った心無い言葉で、どれだけの方が傷付き
苦しんでいるのでしょうか。

最愛の者を想う心、供養してあげたいと想う気持ち。

一番清らかで強い気持ちこそが、亡き者の供養につながり
遺族の心を癒す糧となるのだと思っています。





にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

≪ 遺骨がパウダーになる  | ホーム |  今からあなたにできること! ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URI

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。