ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの遺骨は自宅に保管

ペットの遺骨を自宅に置いてもいいの?  
手元供養ペット遺骨愛犬家ペット霊園

日々お会いする愛犬家愛猫家、動物が好きな方々のお話の中で、

亡くなったペットの遺骨を自宅保管し、手元供養されているとおっしゃる方が

多い事に気付かされました。

もちろん、ペット霊園や納骨堂などに納めている方もいらっしゃいますが

私が出会った方々は、皆さん「遺骨は自宅にある」とお答えになります。

そもそもペットに限らず、遺骨を自宅に保管してもよいのでしょうか。

よく、「お墓に納骨しないと成仏できない。分骨をすると良くない」

などとおっしゃる方がいますが、愛する者を失った人へ対する言葉とは思えません。

法律上の観点からは、正式な手順で火葬された遺骨は自宅で保管できる。

自宅で手元供養は、住宅環境や宗教的要素をあまり感じさせないものとして

最近ではとても注目されています。

従来の様に、亡くなったらお墓にと言う考えそのものが見直されているようです。

もちろん代々のお墓を、大切に受け継いでいる方もいらっしゃると思います。

供養とは、亡くなった愛する者に何をしてあげたいか・・・・・

身近に感じたい。

いつか一緒のお墓に入りたい。

まだ手放すのが寂しい。

など思いは様々だと思うのですが、「供養したい」という気持ち。

そしてなによりも、旅立った最愛の者を想う心が大切なのです。

手元供養では、毎日手を合わせることができ話しかけられます。

亡き者を偲ぶということが、お墓に比べてとても日常にあるのです。

ですから、何事にもとらわれることなく、大いに最愛のペットを想い

時には涙し、供養してあげてください。

場所やしきたりは関係ありません。

一番大切なこと、亡くなった者達が望んでいることは

あなたが笑顔で語りかけてくれること。そして素敵な思い出を忘れないことだと思うのです。




にほんブログ村 犬ブログへ

人気ブログランキング



スポンサーサイト

≪ ペットが老いる時  | ホーム |  イヌココロ ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URI

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。