ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットも歳をとるの?

愛犬の老化症状。

1、顔に白髪が増える

2、口臭が強くなる

3、お尻が小さくなる

4、できものができる

5、目の奥が白っぽい

6、昔と体系が変わる

7、飼い主を迎えに来ない

8、散歩でよく立ち止まる

9、遠くのボールを追わない

10、後ろ脚の歩幅が狭い

11、呼んでも反応しない

12、行動に時間がかかる



あなたの愛犬にこんな体のサインは出ていませんか?
ペットも歳をとると人間と同じような症状が出てきます。

耳が遠くなったり、動きが遅くなったり、体型が変化したり・・・・
いつまでも元気で愛らしい姿のままでいてくれる。
私たち飼い主はついついそう思ってしまいますが、
私達の何倍もの速さでペット達は年を取るのです。

ですから、常に体調の変化に気を配り行動に変わりはないかなど
こまめにチェックしてあげることがとても大切です。

私も愛犬の老化と向き合えずに悩んだこともありましたが
彼らも生きています。一日一日を精一杯生きているのです。


自分の価値観を押し付け、老化を嘆くことは
最愛のペットの生き方そのものと、向き合っていないような気がしました。

体毛は薄くなり、脂肪もなくなり、好きだった散歩を嫌がるようになる。
切なくて、愛犬に死が近づいている感じがしてとても怖かった。

でも体が老化しても、精一杯生きることを楽しんで、人間に甘える姿を
見ると、何も変わっていないことを実感できます。

嬉しいからしっぽを振る。
もっとなでて欲しいから鼻で催促する。
お座りをすると褒められるから進んでその姿を見せる。

きっと彼の中では何も変わっていないんです。
精一杯生きること、生きることを楽しむこと。
愛犬が教えてくれることはまだまだ沢山ありそうです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

想いを大切に。メモリアアレカ。


■ペットの老化症状は「高齢犬のキモチがわかる本‐若山正之」より
 
スポンサーサイト

≪ 犬も痴呆になる!  | ホーム |  ペットの心の病気 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URI

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。