ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの埋葬方法

ペットの火葬が主流に!

私の故郷では、ペットが亡くなった時は自宅の庭に土葬
というのが一般的で、ペットの埋葬方法に困る・・・・・
ということはありません。

しかし、最近では都市化が進み、ペットの土葬が難しいようです。
都市マンション増大、生活環境の変化などの理由から、
私有地への埋葬ができない環境へと変わってきました。

そして、ペットも人間同様に火葬することが主流になりつつあり、
それに伴ったサービスを提供するペット葬儀業者も増えています。

ペット火葬・土葬・手元供養・散骨・樹木葬・インターネット葬など、
その埋葬方法・供養方法は様々で、選択肢が広がると共に
自分が納得しできる埋葬方法を選ぶことが大切です。

そのためにも、「どんな埋葬方法があるのか」ということを知り、
ペットの生前から、こんな埋葬をしてあげたいと決めておくことが
大切なのではないでしょうか。

私自身も、愛犬の死について向き合うにはまだ心の準備が
できていません。ですが、実際にペットを亡くされた方のお話や
ペット葬儀業者の方のお話を聞く中で、ペットの死と向き合い
考えることは、とても大切で必要な事なんだと感じました。

私の愛犬が亡くなった際、故郷にいる子は火葬後遺骨を
自宅の庭に土葬し、今一緒に生活している子は、火葬後
遺骨を手元供養しようと考えています。


今から愛犬の死について考えることで、これからのペット達の
人生そのものと向き合っていけるような気がします。

大切な存在、愛しいペットだからこそ死から目を背けない。
受け入れ供に過ごし、後悔のない最期を迎えたい。

大切な家族だからこそ、納得のいく埋葬をしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

想いを大切に。メモリアアレカ。


スポンサーサイト

≪ あなたが納得する埋葬方法!  | ホーム |  ペットの痴呆を防ぐ4箇条! ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URI

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。