ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチンが愛犬の命を守る!

狂犬病の予防注射は飼い主の義務


本日もお立ち寄り頂きましてありがとうございます。
今日は、狂犬病のワクチンについてのお話です。

狂犬病は私達人間や、全ての哺乳類(鳥類)に感染する
とっても恐ろしい病気です。
現在治療法はなく、一度発病してしまうと必ず死に至ります。

この病気は、狂犬病に感染した犬に咬まれた時に、
唾液に含まれる狂犬病ウィルスにより感染します。

感染すると異常行動をとるようになり、明るい場所を嫌がり
水を怖がることもあり、活発さがなくなるのが特徴です。

発症してから数日以内に狂暴化し、最後には全身麻痺を
起こして死に至ります。

近年、日本では狂犬病の発生例はありませんが、
近隣のアジア諸国での発生は多く、私の所は大丈夫。
と、安易な考えではとても危険です。
いつ狂犬病が愛犬の生命を脅かすことになるかは分かりません。


では、そんな恐ろしい狂犬病を防ぐにはどうしたら良いのでしょう。

狂犬病は、現在一度発病すると治療法がないため、
予防が極めて重要になってきます。海外からの進入は検疫で
防いでいますが、一度ウィルスの侵入を許してしまうと、
狂犬病の流行・脅威を防ぐことは困難になります。

しかし現在、飼い犬の登録申請頭数に対して、
狂犬病接種注射率が大変低いそうです。


一本の注射。
愛犬の命はあなたの意識にかかっています!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペットロスケア・心を癒すメモリアル商品。


スポンサーサイト

≪ 食べたら危険!  | ホーム |  ペットの遺骨が輝く時。 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URI

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。