ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットは家族

今日は愛犬自慢をします。。。
ゴールデンの子は2歳の女の子
ミニチュアダックスの子は4歳の男の子
MIXの黒い子は10歳の男の子
あともう一匹MIXの13歳の男の子がいます。

「かけがえのない家族」ブログ


みんな私の大切な家族です。
人間に比べ彼らの寿命は本当に短いもので、あっと言う間に体は衰えてくるんですね。
昨日まで出来たことが出来なくなったり、あんなに大好きだったご飯にも
あまり反応しなくなったり・・・・でもそれでもみんな力強く生きています。

この仕事を初めてから、沢山のペットとのお別れの場面を見てきました。
亡くなった最愛のペットにすがりついて別れを惜しむ飼い主さんや、
ご遺骨の入った骨壷を大切そうに抱える飼い主さん、
可愛い笑顔のお写真を涙ながらに見せてくれる飼い主さん。

本当に大好きなペットとのお別れは辛いものなんです。
いつかやってくると分かっていても、なかなか考えたくはありません・・・・

辛くて悲しくて考えたくないけれど、最期のお別れを迎えた時には
絶対に後悔するようなお別れにはしたくない。
火葬や葬儀をお願いする時も、
自分のことの様に一緒に泣いて心から手を合わせてくれる人にお願いしたい。

「もし自分だったら・・・・私の大切な子達だったら・・・・」をいつも胸に置き、
お客様のお話を聞いて満足できる供養をしてもらえるようにしたい。
残された飼い主さんの心の拠り所をつくりたい。
天国で見守っている大切なあの子達の安らげる場所をつくりたい。

想いをこめて


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ

ペット手元供養用品に込めた想い「ペット手元供養専門店」ペットが望む供養の仕方って何?
スポンサーサイト

≪ ストレスフリーな暮らし  | ホーム |  ペットロス ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。