ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺骨になっても離れたくない

皆さまこんにちは。先日男性のお客様からのお問い合わせで、
「手元供養をしたくて粉骨加工をお願いしたいんだけれど、どれくらいで返してもらえますか?」
という電話がありました。「あまり長く離れ離れになりたくないんです。」とおっしゃってくれました。

きっと最愛の我が子のような存在だったに違いありません。
生前、この亡くなったワンちゃんは、お父さんのことが大好きで
いつでもどこへ行くにも一緒だったのかな・・・寝るときも一緒だったんだろうな・・・
そう思うと胸が熱くなりました。

ペットロス症候群とは?


手元供養用ガラスの骨壷エテルノプリザーブドフラワーのオリジナル献花パーチェ
お電話でご注文されたのですが、「お花は何色がいいかな~?」と迷っていらしたので、
「○○ちゃんに似合う色や○○ちゃんのイメージではいかがですか。」と言うと、
「じゃあ赤がいいかな~!」と嬉しそうにお答え頂きました。

供養は決して悲しいものではありません。
手元供養は心の深い悲しみを癒し、明日への生きるエネルギーを与えてくれるのです。
手元供養をされることで、また笑顔が戻り、大好きなあの子へ毎日語りかけてあげて欲しい。

手元供養は【想い】がつまった供養の仕方だと私は思っています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
大切なペットちゃんのご遺骨をお預かりして粉骨加工をさせて頂きます。スタッフ立会いの元、完全システム制で行われますのでご安心ください!手元供養専門店
スポンサーサイト

≪ 遺骨の行く末  | ホーム |  骨壷にこだわる理由 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。