ペットと供に

[ペット手元供養] の新しい形をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の10月22日

ラヴィは新しい家族のもとへお届けしました。

命の期限が10月22日だったダックスちゃんは、
同じ10月22日、皆さんのおかげで幸せの光を見つけました。

IMGP1112-2.jpg



昨晩、長野から電車に乗って旅してきたダックスちゃんは、
東京は目黒のやさしいご夫婦に引き取られました。

新しい名前はラヴィ。
この名前、不思議なことに、引き取られる前から決まっていた名前です。
半年前に8歳のダックス「ムック」を失った里親さんのもとに、
メモリアルダイヤモンドが届いた10月15日の晩に見た夢。
それは、見知らぬダックスを「ラヴィ」って呼んでいる自分の夢だったのです。

IMGP1113-2.jpg

目が覚めてムックの夢じゃなかったことに不思議な気持ちを覚えたそうです。
その6日後、10月21日。
ブログをやっていないひっとんさんの携帯に、
緊急里親募集のブログのリンクを張ったメール。
(ブログへのコメントが初めてだったひっとんさんに、多くの方から応援メールが届き、
最初はびっくりしたようですが、感動されてました。皆さん有難うございました。)

ひっとんさんは、ムックが「もうすぐこういうことがあるから、助けてあげてって」
言いたかったんだ・・・・。
そう感じ涙声で「私が引き取るので今すぐに保健所から連れ出してください!」と電話をくれました。

IMGP1116-2.jpg


今思うと、10月15日はラヴィが保健所に収容され命の期限をつけられた日。
不思議な偶然も重なると必然に変わります。

ひっとんさんのご両親のお宅もすぐ近くで、
同じ乳腺腫瘍の手術をした10歳のメス犬「フール」がいます。
乳腺腫瘍を経験しているひっとんさんでも、ラヴィの腫瘍の大きさにはビックリしてましたが、
今週末私も同行させてもらい、
もう一度お医者さんに行き手術の有無や今後について相談してきます。



この写真で腫瘍の大きさが伝わるでしょうか・・・・。
ピンポン玉ほどの大きさです。
約2日一緒にいて、まだ声を聞いたことがないラヴィ。

不思議なことに、「ラヴィッ!」って呼ぶと振り向くんです。
本当に不思議です。

帰り際、1日しか一緒に過ごしていない古川の目をじっと見つめ付いていこうとしたしぐさには、
古川も涙が止まらないようでした。
助けてくれた人だって、本能的に分かってるのかな・・・



今朝、ひっとんさんから届いた写真。
安心な温かい朝を迎えています。



今回のブログの輪がどれだけすごかったかというと、
私の怠けがちで1日30件程度しか来訪のないこのブログが、
10月21日のアクセスだけ、700件を超えました。
それも650件は初めて訪れた方でした。

この記事を載せた私自身が、1日じゃ何も出来ないんじゃないか・・・
腫瘍があっては引き取り手が見つからないんじゃないか・・・

そういう思いがありました。
ブログに掲示したものの、そんな弱気ではだめですよね。
そんな気持ちが、多くの方にリンク依頼をするという強く前向きな行動に出なかったのだと思います。

そんなとき、reomama が、「あまり時間がありませんね、大変です」と
多くの方にリンク依頼をしてくださいました。
この記事をタイミングよく見てくださった方々は、ほとんどと言っていいほど、
ブログの前面に掲載してくださいました。

その輪は瞬く間に繋がり、まずは一時預かりの依頼が殺到しました。

まずは命を助け出そう・・・。

誰もが同じ気持ちで、私たちはこの子を引き出すことを決心いたしました。

皆さんの勢いに「ドンっ」っと背中を押された私は、
本気で知人にメールしたり、ブログ掲載を依頼したりと、
「本気」と呼べる活動が出来たのだと思います。


昨晩はうれしくてなかなか眠れませんでした。
そしてこの行動と人のやさしさ、勇気を知ったことは、
私の人生に大きな影響を与えてくれました。


追記
こちらのブログではコメントを受け付けたいませんが、気づいたら拍手をいっぱい頂いていて、
ぜひご報告したくて転記しています。
実際の保護ボランティアを行っている、かけがえのない家族 ブログをお時間がありましたら、
覗いてやってください。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
スポンサーサイト

≪ 体重で作るテディーベア  | ホーム |  命が繋がりました。有難うございました。 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。